東京リバーサイドで5年暮らしていましたが、徒歩10分のところに引っ越しました。ブログ放りっぱなしでごめんなさい。


by lovetokyoandusa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:entertainment( 71 )

珍しく抽選でアイス・エイジ2の試写会のチケットが当たった!!
Rが塾に行っている間に(ごめんよ、R、キミが勉強している間に^^)いそいそと試写会へ。

a0027712_061688.jpg全編で1時間半弱。前作同様、笑いあり、ドキドキあり、ほろりとするところあり。長すぎず短すぎず、よくできていた。1回見るなら文句なく楽しめる。

きょう見た映画は日本語吹き替え版で、優香や爆笑問題の太田光、竹中直人、久本雅美、オセロの中島知子、高田順次など、いわるゆ声優じゃない人の吹き替えが多くてびっくり。
いつも自分で映画をみるときはわざと字幕版を見てるので気がつかなかったけど、最近の映画ってそういえば有名タレントさんを使うというのが増えているのかも。
話題性作りなんでしょうね。

22日から公開予定。お子さんとなら見るのに良い映画。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-04-19 23:47 | entertainment
昨日、Rの学校は始業式と入学式があり、昼過ぎに帰宅。
「午後、何する?」とさすがおでかけ好きな夫の血をひいた息子(笑)。
いくつか選択肢があったのだけど、映画を見に行きたいというR。
遅ればせながらナルニア国物語・第一章ライオンと魔女を見た。

実は原作を読んでない私達。でもRは色々なところから色々なことを聞き、どうもよく知ってる模様。どうしてもこれが見たいという。
私はRのお付き合い程度であんまり期待していなかったのだけど、結局引き込まれていってしまった。
もし私が子どもだったらきっとのめりこんでしまうようなストーリー展開。(もちろんなぜ?というシーンもいっぱいあったけど)
音楽もCGもgood。久しぶりにドキドキわくわくした映画だった。
4人兄弟のキャラクターがまた素敵で、次回も楽しみ。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-04-07 22:20 | entertainment
このところ忙しくしていてアップが大幅に遅れました^^ゞ

25日からRの学校は春休み。春休みはとても短く12日。
そのうち10日が朝から夕方まで塾の講習が入っているのでRの春休みは実質2日のみ。
いよいよ6年生目前、忙しいRなので春休みはどこへも行けない。

というわけで、休みの1日、近場へ遊びに行ってきた。
スパ施設大好き一家の我が家、オープンしたての湯巡り万華郷へ。
浦安市の海の方、振興開発地?にある。
お台場の大江戸温泉物語と同じ経営らしく、温泉テーマパークというところがよく似ている。
yumeguri1
大江戸温泉物語はテーマが江戸なのに対して、湯巡り万華郷は大正がテーマ。
受付で自分の好きな絵柄の浴衣を選んで着る。
大江戸温泉物語は男女の混浴部が足湯だけなのでちょっとさみしいが、湯巡り万華郷は水着の混浴エリアが広く、男女のグループでも楽しめる。
おまけにオープンしたての土曜日だったのに意外とすいていて、大満足。
内湯(男女別)も色々なお風呂があり、楽しめる。
レストランもお土産物やさんもすべて大正調。
あとでパンフレットを見たら、宿泊もできるようだった。
(※詳しい情報はリンクからご覧下さい)
息子(デカイ!)と。yukata1
夫(大きい!!)と。yukata2
ここは近いし、(車で30分くらい)またいつか行きたいな。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-03-28 16:03 | entertainment
先週のことになりますが、3人で「オリバー・ツイスト」を見ました。
19世紀のロンドンを描いた同名の原作の映画化。
アメリカ映画とはやはり色が違うというか、作り方が違う感じがしました。
アメリカ映画を見慣れていると、やや主人公の表現が弱いと感じるとか、派手さがないとか色々私見はありますが、むしろ脇役が主役??という感じの映画でした。
時代の流れに翻弄されていく主人公は、その場その場を一生懸命に生きていくことしかできなかったのかな?
ある意味では自分の努力や気持ちだけではどうにもならないという、そういう時代をきっちりと描いていたかも・・・・。
脇役(といっても主役級の)のキャラクターを3人で分析すると色々な見方があったりして、なかなか奥の深い映画でした。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-02-20 23:02 | entertainment
2回3回とチャンスを逃したので、夫も出張だし、Rの学校もはじまったので「SAYURI」を一人で見てきました。
ああ・・・これは本当に見るほうを惹きつけて飽きさせない映画。
キャストも魅力的だし色彩も話の展開も見事。
脇役に工藤夕貴と桃井かおりが入っていたものの、主役と準主役2人に日本人が選ばれなかったのは残念だけれど、チャン・ツィーの美しさには誰もが納得したのでは!?
女性だったらほとんどの人がこれは見てよかった!と思う映画だと思います。
同じ内容で同じ役者で演じても、日本で作ったらこんな感じには仕上がらなかっただろうなぁ・・・
うまく言えないけど、立体的に仕上がっているというか。
さすがスピルバーグ、さすがロブ・マーシャル。
詳しくはゆっこさんがブログで詳しく書いていらっしゃいます。

出演者のほとんどが日本人という設定で日本が舞台なのに、英語で会話するいう不自然な設定はハリウッド映画だからしかたないのかな?(苦笑)
それにしても渡辺謙はもちろんのこと、役所幸司や桃井かおりの英語のナチュラル(少なくとも私にはそう聞こえる)なこと。素晴らしかったです。

でもこれって主要な出演者が日本人という設定なので、アメリカではどんな人が見るんだろうか?(一般ウケするのかな?)とちょっと気になりました。
アメリカでの評価も気になります。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-01-10 22:50 | entertainment

映画「King Kong」

夫のお正月休暇も最終日。
水曜日はレディスディ(女性1000円)ということもあり、映画に行くことに。
Rは朝からお弁当を持って塾へ。その途端したくをし出かけた。(ごめんよR.キミが一生懸命正月早々勉強してるって言うのに・・・)
私はホントはチャン・ツィーと渡辺謙主演の「SAYURI」がよかったのだが、夫がどうしてもというので「King Kong」に。
この冬の寒いのに映画開始は9時20分^^ゞ。3時間超の映画なので、映画館もぎゅうぎゅうのスケジュールで日に4回上映するつもりらしい。

長い映画だし、どうも「キャー、助けて」系、気持ち悪い系は苦手なので、途中でイヤにならないかなぁ・・・と不安だったが、(少し顔を背けたグロいシーンはあったけど)なんかタイタニックとジュラシックパークとダイハードを足したようなシーン展開で映画3本を一気に見たような感じ!?
ハラハラドキドキしながらエンターテインメントとして満喫できた。
ザ・リングで主演していた(一番苦手なジャンルなので見てないけど^^ゞ)ナオミ・ワッツは本当にきれいだった!

夫は明日出勤し、明後日から1週間の米国出張。
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-01-04 20:42 | entertainment

DVD 「Friends」 Box sets

知る人ぞ知るアメリカで10年も続いたドラマ「Friends」にはまって数年。
日本でも放映されているので、好きな人も多いのでは?
1話25分くらいのものなので、家事をしながら見るのに最適!

はじめて1st Seasonのセットを買ったときは英語の勉強のつもりだったのだが、まさか最後まで買い続けるとは思わなかった。気がつけばついにFinal Season!(番組自体は昨年オンエア終了している)
最後を見たいような見たくないような・・・
はー、ついに見終わってしまった。
まだ余韻が残る・・・しばらくは浸ってしまいそう。

1セット(1シーズン分)が約25分x6話(DVD1枚につき)x4枚で10時間、ということは10セットだから全部で100時間!
何年もかけてみたからそんなに長いと思わなかったけど・・・。
主演の俳優・女優たちもこの10年で皆キラキラと変化を遂げた。
ブラッド・ピットと最近離婚したばかりのジェニファー・アニストンの出世作としても有名。
※写真はリージョン1版(アメリカ・カナダ向)のセット。
日本では日本語吹き替え版が売ってるが、1シーズンが2セット(各3枚・1シーズン6枚ということ)になっているようです。
Friends DVDsets
[PR]
by lovetokyoandusa | 2005-12-27 23:15 | entertainment

映画「Mr.&Mrs.Smith」

昨日公開になったばかりのMr.&Mrs.Smithを夫と二人、レイトショウで見てきた。
(しかし、子供を置いて外出・・・カリフォルニアでは犯罪だ・・・^^ゞ)
主演のブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは結婚間近!?と大騒ぎになっていることもあり、いつもすいている映画館もカップルだらけでほぼ満席。
映画の方は・・・
私は文句なしに楽しめて10点満点で10点!!
夫は・・???(まぁ、悪くないかな?という程度だったみたい)
私はブラット・ピットは特にファンではないけれど、女性はブラピに、男性はアンジェリーナにきっと惚れちゃう(?)映画。
私的にはお勧めです!!
[PR]
by lovetokyoandusa | 2005-12-04 23:32 | entertainment

美術展とランチ

みわちゃんの作品が出展されているボザール展と、同じ都美術館で開催されているプーシキン美術館展へ。
私が午後早く帰らなければならなかったので朝早くから駆け足で見て回った。
全然美術には縁のない私だけど絵は純粋に見るのは好き♪
開催して日がたっているのにもかかわらず、プーシキン美術展はすごい人だった。(11時ごろには入場制限されていた模様・・・)
どちらも力作ぞろい。ひとしきり見入ってしまった。
その後さっとランチでも・・・とみわちゃんが教えてくれたのは上野の駅ビルアトレに入っているHard Rock Cafe。
上野にHard Rock Cafeなんてあるんだ~!とちょっと失礼な私。
何はともあれ、短時間であれもこれもしゃべり続ける私たち。
たくさん話したような、でもまだ話したりないような・・・
携帯からなので写真がぎざぎざだけど、一応アメリカ~ンなランチの写真。
a0027712_1031044.jpg

[PR]
by lovetokyoandusa | 2005-11-30 23:50 | entertainment
昨日公開になったハリー・ポッターと炎のゴブレットをR♂と観てきた。
原作の厚みは今までの3作の合計ほど!(実は3,4年前に買って読んでない^^ゞ)

ハリー、ロン、ハーマイオニー、いやはや皆すっかり大きくなっちゃって、ずいぶん成長しちゃったなぁ、というのが正直な感想だけど、相変わらずドキドキハラハラの連続。
話の展開が早くて頭がなかなかついていけないような部分もあったが、やっぱり面白い映画だった。(恥ずかしい話だけど息子にどうしてあれはああなったの?と何度も聞いた。^^ゞ)
うむむむむ、これはやっぱり原作をもう一度読まないと。
・・・とはいえ英語の本はなかなか進まないのでやっぱり日本語の本を買おうかな?
[PR]
by lovetokyoandusa | 2005-11-27 22:40 | entertainment