東京リバーサイドで5年暮らしていましたが、徒歩10分のところに引っ越しました。ブログ放りっぱなしでごめんなさい。


by lovetokyoandusa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

習い事リストラ

4月から週に4日塾に通うことになるR。(今は週3回)
既にスイミングはやめたが、週2回の英語もきつくなってきた。
英語はできるだけ続けさせたいけれどスケジュール的に厳しくなるので、夫からのお達しで「1年間だけは塾に集中させたら?」と、英語をやめさせることにした。(もちろん中学生になったらまたなんらかの形で再開させたいが)
2歳のこどもちゃれんじから、8-9年続けてとっていたチャレンジもやめることにした。(ここ数ヶ月はまさに「とっている」だけの状態だったので)
これで家計も少しスマートになるな。(笑)

というわけで、きょうは海外子女教育振興財団の英語保持教室の最終日。
レポートカード(通知表のようなもの)も貰った。
先生とクラスのみんなにCongo Barsという焼き菓子を作って私もお礼を言いに行った。
先生いわく、英語を保持するのはとても難しいことだけど、本を読んだり音楽を聴いたり(そのときは歌詞をよく聞き)そしてライティングにつなげていってほしい、成功を祈ってるわ、と。
「I will!!」と元気よく返事したR。ほんとだろうなぁ~(笑)。

congobar

congobar2

このCongo Bars、私の大好きなブラウンシュガーとくるみ、チョコチップ、レーズンが入る焼き菓子で、私のお気に入り。香りがたまらない。
Rが日本の幼稚園年少時のお母さん向けのクッキングクラスで教えていただいたものなのだけど、日本ではあまりなじみがないみたい。Congo Barsで検索すると英語のレシピは山ほど出てくるけど。



★Congo Bars★

☆材料(30cm角皿天板1枚分)☆
小麦粉 150g
ベーキングパウダー 5g
塩 2g 
バター 125g 
ブラウンシュガー 150g
全卵 L2個(110g)
チョコチップ 100g
レーズンまたはプルーン 50g 
クルミ 50g 

☆作り方☆
1.バターにブラウンシュガーを少しずつ加え、白くなるまで泡だて器で混ぜる。
2.全卵を少しずつ加え、さらに混ぜる。
3.小麦粉、ベーキングパウダー・塩は一緒にしてふるい、2.に混ぜる。(このときは、「へら」で)
4.チョコチップ、レーズン、クルミを加えて、切るように混ぜ込む。
5.天板にクッキングシートをしき、その上に直接、生地をまんべんなく、流し込む。
6.170℃~180℃(350F)で、35~40分焼く
7.粗熱がとれたら、好きな大きさにカットして食べる。※切りおとした端っこもサクサクしておいしい!
[PR]
by lovetokyoandusa | 2006-03-11 16:46 | school