東京リバーサイドで5年暮らしていましたが、徒歩10分のところに引っ越しました。ブログ放りっぱなしでごめんなさい。


by lovetokyoandusa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

盛りだくさんの一日 With SARAさん&トラちゃん

 関西に住むSARAさんとお会いするのは昨秋のBSBのコンサート以来、ということでワクワク。トラちゃんともなんだか毎日(ブログで)会っている気がするが、年末のデパ地下ツアー以来なので1ヶ月ぶり。

 Boyが英語のクラスに出かけるのと同時に家を出、待ち合わせ場所の御徒町へ。
きょうの第一ポイントは庶民の台所、アメ横。
みかりんからもらったタンドリーチキンのレシピの話から香辛料調達ツアーをしようということになって、アメ横に白羽の矢が当たることに。
こんにちはー、とあいさつもそこそこに早速繰り出す私達。
アメ横に(結婚する前。ずっと昔)に何回か行ったのは、決まって年末のわさわさした時だったので、なんか一部の生鮮食料品店しか見なかった気がする。
さっそくあらゆる調味料香辛料(和洋中)を扱っている店に行ってまずはギーをGet!
チラチラ見ていくと、乾物でもお魚でもなんでも量が多くて安い!
クーラーバッグ持ってくればよかったね~、とマジメに後悔するほどオトクなものがたくさん。
特に魚介類の安さにはビックリ。
あとは冷やかしに世界の食材を扱う店に。いやはや、ぶーちゃんのお顔をはじめ、卒倒するような食材、謎の魚などビックリマークの連続!!
結局その後の予定もあるし、生ものは持ち歩けないので、乾物などを少々買ってランチのため銀座へ移動することに。(今度来るときはココに最後に来ないとね!と誓う。)

向かったのはベージュ東京。年末にこすもすさんがロオジェと最後まで悩んだお店。
ゆみちゃんがお友達と来てちょっと問題ありと思ったお店でもある。
エレベーターで案内されると、店内は上品なインテリアでまとめられていて好印象。接客の人たちも感じが良い。
私達は3人ともベジタブルのコース(お肉、魚なしの食材のコース)を選択。
a0027712_23455760.jpg最初にシャンパンを3人3色で乾杯。ここで写真を撮った後、「すみませんがお料理がはじまったら写真撮影はご遠慮下さい」とのこと。はい。
さてさて、そんなわけで写真もないので記憶をたどりながらお料理を思い出してみると・・・
 最初は小さな湯のみ茶碗のような器に入った温スープ。(カリフラワー?細かい泡の立ったクリーム系。記憶曖昧です・・)
 続いてきのこのフランに栗のクリーム温ソースをかけたもの。スープには細かくなった栗も入っていて、トランペット茸も添えられていた。これも香りよく美味。
 次が人参や小タマネギなどを使ったソテーなど。人参はオレンジ風味が利いていたり、大根のゼリーがあったりと1皿がとても楽しい。
 最後が季節のサラダにトリュフのスライスが乗っていて、少し酸味のあるドレッシングを好みでかけるのだが、このドレッシングも絶品。意外にも食べ応えがあった。
 そのあとのデザートがこれまたとても形、味ともにオシャレ。
私はチーズケーキ、SARAさんはモンブラン、トラちゃんはショコラプラリネを選んだが、それぞれに合ったさっぱり系のシャーベットがついていた。

どれも目に美しく斬新なデザイン、ボリュームも満点だった。
心配していた(?)接客も特に気になることなく、とても満足なランチだった。

a0027712_2346336.jpg最後は東京ドームに移動してキルト展見学。
キルトには全く縁がない私でも見るのはとても楽しく、なんかはじめたくなるようなステキな展示だった。
残念ながら私はおなかをすかせて待っている人たちのために早めにさよならした。
SARAさん、トラちゃん、どうもありがとう。楽しかった♪

タンドリーチキン、焼くだけにして漬け込んでおいてあったのだが、おなかすいてる人は待ちきれず(焼くのに全部で1時間くらいかかる)、これは明日に持ち越しに。
ギーも買ったし、後は焼き方だけ。明日が楽しみ♪
[PR]
by lovetokyoandusa | 2005-01-29 23:44 | entertainment